むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

明けましておめでとうございます。

 

年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

新しく始まったこの一年が、皆様にとって、より豊かなものになりますことを、お祈り申し上げます。

 

さて、再び、コロナウイルスの懸念が高まっています。

少しでも早く、この脅威が去り、病の中にある方々の苦しみが癒えることを祈ります。

 

都心から離れ、コトコトと4両編成の電車が走る、のどかな支線沿線に置かれた私達は、一学級二十名ほどという小ささもあって、利点となるところも大いにありました。

 

むしろ、今は、学園本来の趣旨に立ち返り、伸びやかな空間、雰囲気の下で、教師と子ども、子ども同士が、関係性において、深く関わることの価値と意義を、改めて問いただされているように感じています。

 

アフターコロナの世界がどうなるか。

感染症により、社会や文明は、大きな影響を受け、変化のきっかけになったという記事を先日、読みました。

今までなら、世界史のエピソードを読んだだけの、他人事でした。

しかし、今は異なります。

 

世界という大海原の潮流が激しく変わっている、その只中にいなければなりません。

むさしの学園という小船が、荒波にどう漕ぎ出していくのか。

教職員で知恵を絞り、力を合わせて、進んでいきたいと考えています。

 

今年も、私達の特徴を生かし、新たな挑戦に向かってまいります。

本年も引き続き、よろしくお願いいたします。

<校長ブログ005>新年のご挨拶