むさしの学園の生活

お弁当
むさしの学園では、創立以来、お昼には、我が家の味、お弁当をいただいています。一人一人、それぞれ違う愛情のこもったお弁当をいただき、人との違いを認める機会ともなります。
お弁当が作れない時には、数種類のパンと飲み物を注文することもできます。
掃除・労作
自分達の学び舎は、自分達の手できれいにします。これも創立以来の伝統です。教室、廊下、トイレ、玄関等は、ほぼ毎日、自分たちの分担を楽しみつつ掃除します。最終の授業が終了してから掃除を済ませ、下校となります。
また、年に数回は、校庭、校舎裏、排水溝などを全校で一斉に掃除する労作も行います。それぞれの力に応じて、草取り、石拾い、土ならし、一輪車やリヤカーでの運搬等に汗を流します。