むさしの学園について

むさしの学園の沿革 校歌 児童居住地域一覧表 主な進学先

むさしの学園の沿革

大正13年(1924) 一学年一学級・個別指導による寺子屋式の人格教育主義を掲げて、佐藤藤太郎・吹本喜一・阪本浅之助により、東京府武蔵野村西窪(現在の東京都武蔵野市西久保)に開校。
大正14年(1925) 児童の作文・教師の教育姿勢等を掲載する「田園の教育」の発行を開始。
九泊十日の臨海学校開始
昭和 5年(1930) 教師と六年生とで作った校歌に、在校生の父君、信時潔氏が曲を付けて下さる。
昭和 9年(1934) 創立十周年事業として、東村山全生病院へ十坪病棟の建築資金を寄付。
昭和10年(1935) 六年生を対象に、妙高高原学校が始まる。
昭和19年(1944) 小金井、次いで御岳山麓に学校疎開。
昭和20年(1945) 九月、教師の自宅を教室に、複式学級で授業を再開。しかし、教室が手狭なため、天気が良ければ、近くの雑木林が教室となった。
昭和24年(1949) 国鉄武蔵境駅南側に校地を求め、子ども達も学年に合った奉仕をし、新校舎の上棟式を迎えた。(翌年、落成式)
昭和26年(1951) 学校法人むさしの学園の認可が下り、「むさしの学園小学校」として、再スタート。
昭和29年(1954) 創立三十周年記念式典を実施。記念事業の一つとして、登戸の学生サナトリウムへ一万円の寄付をする。
昭和30年(1955) 制服と校章入りのカバンを制定。
昭和38年(1963) 東京都府中市多磨町(現在地)に新校舎を建設、十二月に移転。
昭和39年(1964) 春、新校舎の落成式を行い、秋には、創立四十周年記念式典を実施。
昭和43年(1968) むさしの学園ひまわり幼稚園を併設開園。算数科で、水道方式による学習開始。
昭和46年(1971) 初代校長、佐藤藤太郎引退。佐藤可南、第二代校長に就任。
昭和49年(1974) 国語個別学習開始。
昭和50年(1975) 学級母の会を結ぶ全校の保護者組織「けやき会」が発足。
十一月には、同会主催の第一回バザーが行われた。
昭和51年(1976) 二月、秋田県の教育主事ら八名が参観に来校。七月には、アメリカ合衆国から教育使節団四十数名が来校。
昭和56年(1981) 六年生の高原学校が、那須高原で実施されることになった。
昭和59年(1984) 校舎内の大規模修繕を実施。秋には、六十周年記念式典を実施。
昭和60年(1985) 東京新聞、TBSテレビが相次いで取材に来校。
平成 元年(1989) けやき会主催の催し物が行われ、第三十四回卒業の松井孝典氏(東京大学教授)に宇宙についての講演をしていただく。
平成 3年(1991) けやき会主催の催し物で、第四十六回卒業の本多俊之氏(サキソホン奏者、作曲家)に音楽会を開いていただく。
平成 5年(1993) 西側に校舎を増築する。
平成 6年(1994) 校舎西端と校門との間の庭園整備が終わる。
平成 9年(1997) けやき会主催の催し物で、在校生の父君、三原綱木氏にコンサートを開いていただく。
平成13年(2001) 昭和五十年から実施していた応急救護訓練が、普通救命講習となり、全教師が「救命技能認定証」を取得。
平成14年(2002) 第二代校長、佐藤可南引退。江幡清彦、第三代校長に就任。
平成15年(2003) 翌年の創立八十周年記念行事の一環として、全校児童を校庭に集め、航空写真を撮影する。
創立者3人
西久保校舎
建築中の武蔵境校舎武蔵境校舎
多磨校舎
掃除
むさしのめぐり
園芸
校庭整備
80周年記念写真