むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

ブログで学園の日常をご紹介することを始めて、早くも3週間になりました。

在校生保護者の方々から、

「見ました!」

と声をかけていただくことも増えました。

引き続き、お時間のある時に見てくださいましたら、ありがたい限りです。

 

さて、今日の写真は、1年生の美術で制作した「怪獣」です。

※昨日の記事から画像は再利用しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

1年生の担任が書いたように、子ども達は、皆で工夫して組み立てたのですが、その関わり方は、それぞれの特徴が出ていたな、と感じました。

 

 

 

 

 

 

材料の大きさ、特徴からアイデアを出す子

すぐに行動する子

などなど、目に見えて、「協力」している子達がいる一方で、

 

遠巻きにしている子

手をなかなか出さない子

もいたようです。

 

しかし、何人かの教師の話を聞いてみると、

遠巻きにしていながらも、ぶつぶつと、

「あ、これはこうしたらいいな」とか、

「あの大きさだから、こうなったんだな」とか、

心は参加している様子がよくわかりました。

 

手をなかなか出さずにいた子も、怪獣が出来上がり、中庭に出した時には、声は全く出さなかったのですが、満面の笑みを浮かべ、本当に嬉しそうにしていた、とも聞きました。

 

むさしの学園では、いろいろな形で、「集団・仲間」を経験します。

目に見えることばかりが、もてはやされ、求められる時代でもあります。

もちろん、その価値は当然のことです。

しかし、目に見えないこと、目立たないことの奥にも、価値が秘められているのだと思います。

 

目に見えて取り組んだ子どものことだけでなく、ぞれぞれの「今」で関わった子ども達の存在を受け止め、ちょっとしたつぶやきや表情の変化に気づく教師達でありたい、と考えています。

<校長ブログ002>目に見える形でなくても、協力していることに気づけるか。