むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

先日、1年生が言葉について考える、面白い授業を受けました。

「たべることば」と題して、児童書で有名な株式会社フレーベル館の方々が企画した授業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

下の写真のように、言葉をお菓子で表現し、その意味や感じを味わうことで考えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お菓子!

見た瞬間から、子ども達は大興奮でしたが、

・すき

・きらい

・バカ

・ごめんね

という、それぞれの言葉を、文字通り味わい、特に「バカ」という言葉の辛さに悲鳴があがっていました。

 

言葉の授業は、いろいろな意味、面で、学校ではおこなわれています。

それを「食べる」ということを通して、考える機会は、なかなかないことです。

 

いろいろな方法で、言葉について考える機会を増やしていきたいと考えています。

言葉の重み、意味を食べられる!?