むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

本日、むさしの学園小学校は2019(平成30)年度を終業いたしました。

皆様のご協力により、無事、1年間を終えられたことに感謝いたします。

 

終業礼拝での校長の話を以下に掲載いたします。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

聖書 マタイによる福音書 25章 28節から29

さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、十タラントン持っている者に与えよ。

だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。

 

 

長かった1年間も今日で終わります。皆さんにとって、この1年間は、どんなものだったでしょうか?

いろいろなことがあったでしょうが、「終わった!」というのは、やはり、気持ちがスッキリするのではないでしょうか。

 

さて、今日の聖書は、マタイによる福音書25章28節から29節を読みました。

これは、「タラントのたとえ」という、とても有名な話の締めくくりになる部分です。

 

「持っている人は、さらに与えられ、持っていない人は、持っているものまで取り上げられる」

 

そう言われてしまうと、ちょっと怖いような、ひどいお話のような気がするかもしれません。

しかし、私は、本当にその通りだな、と思っています。

 

「持っている」とか「持っていない」とか言われると、お金や物を想像するかもしれません。

「ウチのお金、ボクの大切なコレクション、ワタシのお小遣い…そんなに多くないなぁ~取り上げられたらどうしよう!」

そう思った人もいるかもしれません。

 

しかし、このお話は、「持っている」と受け止めているか、「持っていない」と受け止めているかということの方に目を向けることが大切です。

 

お金でも、物でもいいですし、友達や大切な人、温かい気持ちなど目に見えないものでもいいのです。今、「ある」こと、「ある」ものに気持ちを向けることが重要です。

何億円持っていようと、友達が何百人いようと、「あ~、私には足りない」と思っていれば、「持っていない」のです。

 

逆に、どんなにわずかな額のお金でも、友達がたった1人でも、「あ~、あってありがたい、私のそばにいてくれてありがたい」と思っていれば、「持っている」のです。

 

そう考えると、「持っている人は、さらに与えられ、持っていない人は、持っているものまで取り上げられる」という話も、怖かったり、ひどかったりする話ではなく、そうか、と素直に心の中に入ってくる、あるいは希望が湧いてくるのではないかと思います。

 

今日で、むさしの学園の1年間が終わります。

その終わりとなる機会に、私から皆さんに1つお願いをしておきます。この後、お家に帰りながらでもいいし、寝る前でもいいので、ぜひ、1人で心静かにこの1年間を振り返り、自分にあったもの、あたえられたもの、ことを考えてみてほしいと思います。

たくさん見つかれば見つかるほど、4月からの1年間で、それらがより増えるのだ、と思い出してほしいと思います。

 

終業のお祈り

天の父なる神様、今日、こうして、むさしの学園の1年間を無事に終えることができることに心から感謝します。

今日までの1年間には、いろいろなことがありました。そのすべてが、その時の私たちにとって、ふさわしく、真に必要なものであったと感謝のうちに、終業の礼拝を終えたいと思います。

そして、大きな事故や、病気もなく、心も、体も、健やかに新しい学年を始められるよう、お守りください。

このお祈りをイエス様のお名前によって、お捧げします。アーメン。

終業礼拝の話