むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

今日の写真は、先日、遊びに来てくれた中学生です。

この学校を巣立った彼らは、新しい、大きくなった環境に戸惑っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

むさしの学園は、こじんまりとした、温かみのある、家庭的な環境でありたい、と考えています。

人格の基礎を作り、学習の面でも基礎を固める、大切な時期だからこそ、温かい環境で、穏やかに過ごしてもらいたいと思います。

 

すると、今度は、

「卒業してから、どうなるんだろう…」

「中学になったら、荒波に戸惑うんじゃないか…」

そんな不安もわいてくるものではないでしょうか。

 

入学を検討してくださっている幼稚園・保育園児のお母さま方からも、質問されますし、在校生保護者の方からも、同じような話を伺います。

 

が、写真の彼らだけでなく、ふらりと遊びにくる卒業生たち、特に卒業直後の中学1年生の子達は、とても明るく、中学校の話をしてくれます。

 

もちろん、慣れない環境に、とまどうこともあると思います。

ただ、むさしの学園の子ども達の多くが、私立の中学に進むので、適応をしやすくなっていると言うことができます。

 

なぜなら、その中学に内部進学の子達がいたとしても、初めまして、の人たちがたくさん集まっているからです。

新しい環境に不安を感じているのは、むさしの学園出身の子だけではありません。

 

そして、新しい環境でどう過ごしているか、さっそく5月には語り合える場が用意されています。

中学1年生は、卒業アルバムを渡すために、5月末にクラス会を学校でやることが決まっています。

 

また、幹事を決めて、そのあとも、定期的にクラス会をできるように仕組みが作られています。

 

むさしの学園のような、小さな、穏やかな環境は、出た時に大変…

そう思われるのも当然です。

が、私たちとしては、人格の基礎、学力の基礎をつける小学校生活だからこそ、穏やかに、しっかりと関わるから、荒波にも耐えうるのではないか、と考えています。

温かい小学校生活を終え、荒波に耐える方法