むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

教育は、どんな環境であるべきか

とても大きく、難しいテーマです。

いろいろな可能性があるでしょう。

 

その中で、少しでも自然の感じられる環境で、お子様の心を豊かに、柔らかく育てたい、と考えていらっしゃる方は、少なくないのではないでしょうか。

 

むさしの学園は、まさにそれを大事に考えています。

毎週の野川の時間、1週間近くも続く臨海学校など、子ども達をできる限り自然の中に置くことを重視します。

 

それに加えて、この写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

これは、ある教室から撮った廊下の様子です。

中庭の桂の木が見えます。

桂の新芽にさんさんと陽が降り注ぐことが、子ども達の日常にあります。

自然と目に入る環境です。

 

 

 

 

 

 

 

子ども達のすべきこと、求められることが多くなり、複雑化しているかもしれません。

しかし、本当に大切なことは、そう多くないのではないでしょうか。

 

その時に必要なことを、緑をいつも感じられる環境で

 

もし、これに共感するところが、少しでもありましたら、ぜひ、ご見学・学校説明会などにお越し下さい。

お待ちしています。

子どもの心を耕す環境 木々の緑を日常に