むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

この写真は、今日、3年生の算数で撮った一コマです。

 

むさしの学園では、1年生から4年生までの算数は、「わたしたちの算数」という教材を主に使っています。

このテキストには、いくつかの特徴がありますが、重要な特徴の1つとして、問題演習がたくさんできる、ということがあります。

 

子ども達にとって、集中が切れてしまう一番の原因は、教師の話がダラダラと長いことです(耳が痛いのですが…)

 

そこで、授業の冒頭に、今日、解くべき課題をなるべく短く説明し、実際に子ども達が問題を解くことができる時間を多くとります。

 

その分、子ども達がたくさんの問題を解くことができるだけでなく、わからないことがあった時に、すぐに教師が教えることができる、しかも、マンツーマンで、というメリットがあります。

 

今日のかけ算の授業では、40分の授業で、3ページ、73問を解きました。

後半は、繰上りが多く、九九はもちろん、繰上りのある足し算もスラスラ解けないと苦労しますが、何とか、ほとんどの子が終えられました。

 

子ども達にとって、ちょっと苦しいけど、やってやれないレベルと分量の課題を出すことも、大切です。

子どもが鉛筆を動かす時間を多く取る算数