むさしの学園小学校
ホームページへ
ひまわり幼稚園
ホームページへ

今日、1年生は、ロバの音楽座を主宰されている松本雅隆さんによる音のワークショップに参加させていただきました。

 

座って、演奏を聞くという鑑賞も魅力的ですが、実際に体を動かし、音を出す楽しさを体感、体験できることも、子ども達の成長を考える上で、意義深いと感じます。

 

 

 

 

 

写真では、元気いっぱい楽しんだ子ども達の様子が、全く伝わらないのが申し訳ないのですが、音を体いっぱいで楽しんだ子ども達でした。

 

この画像は、ワークショップの冒頭、みんなで目を閉じて、身の回りにあふれる音を聞いている様子です。

 

 

 

 

 

 

 

音は、「出す」だけでなく、「聞く」ことにも価値があることを考えさせられました。

音を出す楽しさ、聞く大切さ、それを教師の「お説教」ではなく、体感できたことは、意義深いことだったと思います。

五感を刺激することの大切さ ロバの音楽座・ワークショップ